藤本さきこさんの「お金の神様に可愛がられる手帳2019」を1ヶ月使ってみた感想

 

ぼくたちは普段の生活の中で、多くの言葉に触れて生きています。

 

多くの言葉を話したり、聞いたり、読んだりして生きているわけですが・・・その言葉の意味をいちいち深く掘り下げて考えることはありませんよね。

 

つまり、言葉に「なんとなく」触れて生きているということになります。

 

この「なんとなく」という部分は、潜在意識のなせる業です。今までの人生で覚えてきた言葉の意味や定義が潜在意識に染み付いているおかげで、いちいち意味を深く考える必要なく言葉を使えているワケですね。

 

ですが、潜在意識の業ゆえに、この「なんとなく」思っているコトや感じているコトを変えるのは難しいと言えます。

 

現実を変えるために潜在意識にアクセスする方法は数多くありますが、ぼくがもっとも効果があると感じるのが「ノートに書く」ということです。

 

それを感じさせてくれたアイテムがあるので、今日はそれを紹介しようと思います。

 

藤本さきこさんの「お金の神様に可愛がられる手帳2019」です。

 

「お金の神様に可愛がられる手帳2019」とは

これは手帳なんですが、普通のシステム手帳とは違っていてワークをおこなえるようになっています。このように、1日に1つずつ「お題」が書かれています。

 

 

たとえば1/1のデイリーのページには「夢とは?」、1/2のページには「願いとは?」という具合です。で、このお題の単語について自分がどのように感じているのかを書いていきます。

 

「目の前の現実がその通りだった」ということを再確認する

藤本さきこさんいわく、「このワークの目的は『どれだけ自分のことを知らないか』を自覚することであり、それによって「目の前の現実がその通りだった」ということを再確認すること」とのことです。

 

ここで言う「どれだけ自分のことを知らないか」とは、言い換えれば「どれだけ無意識な状態で生きているか」というコトだと思います。「どれだけ言葉や概念に対する意味づけや定義を曖昧にしたままで生きているか」ですね。

 

1日1日お題が出されているおかげで、否応にも様々な言葉と向き合うことになります。冒頭で言ったように、普段「なんとなく」触れている言葉に対して、自分がどのように定義付けしているかを掘り下げることになります。

 

すると、「頭で思っているコト」と「心の奥(潜在意識)で心底信じていること」にギャップがあることに気づきます。そうなると、「潜在意識の通りに現実がつくられていた」というコトを認めざるを得なくなります。

 

たとえば、12/3のお題は「お財布とは?」でしたが、財布について頭で思っているのは「お金をたくさん入れるのは危ない」というコトでした。

 

これはまあ、普通に考えてそりゃそうだろうという感じですが、深く掘り下げてみると「お金を使いたくない」という思いが心の底にあることが明らかになりました・・・。

 

 

「お金が欲しい」「お金は多い方がいい」と頭で思ってる一方、潜在意識では「財布にたくさんお金を入れると使ってしまうから危ない」と思っていたのです。まるでお金を使うことが損であるかのように・・・。

 

潜在意識のその思いが、お金が入ってくることを阻害していたんだと気づきました。「目の前の現実がその通りだった」のです。

 

望む現実を引き寄せるように設定し直す

潜在意識の設定(信念や思い込み)通りに現実がつくられているというコトがわかったなら、次にやることは「その潜在意識が持っている設定を、望む現実を引き寄せるように書き換える」です。

 

たとえば「豊かさ」という言葉に対して掘り下げてみた結果、明らかになった潜在意識の設定が「豊かさとは、得るのが難しいモノ」だったとします。

 

自分がそのように心底信じていたというコトをまずはしっかり味わって感じてみて、そのままで良いのかそれとも変えたいのかを自分に問います。

 

「豊かさとは、すでに存在していて感じられるモノ」にしたい!と思ったのなら、それを書きます。

 

「豊かさとは、循環させるモノ」にしたい!と思ったのなら、それを書きます。

 

このように、

 

  1. 明らめる(掘り下げて潜在意識にある自分の本当の気持ちや思い込みを明らかにする)
  2. 感じる(良い悪いでジャッジせず、ありのまま認める)
  3. 決める(変えたいなら書き換える)

 

というプロセスを経て、潜在意識を書き換えます。「お金の神様に可愛がられる手帳2019」を使うことで、日々のお題に対してコレをおこなうことができます。

 

この一連の流れを、藤本さきこさんは「設定変更」という言い方をしていますが、やっているコトは「潜在意識の書き換え」だとぼくは捉えています。

 

1ヶ月実践して気づいたこと

この「お金の神様に可愛がられる手帳2019」は2019年の手帳ですが、2018年の12月が最初になっています。1ヶ月使ってみて気づいたことがあるので書いておきます。

 

潜在意識との対話そのもの

「高級」「収入」「節約」というように「お金周りの単語」ばかりがお題として出されているので、このワークを日々続けているとあらゆる角度からお金について考えることになります。

 

普段から無意識で「なんとなく」抱いている、お金周りに対する思い込みや決めつけが明らかになってきました。

 

潜在意識下にある「なんとなく」を言葉で具体的にすることで、顕在意識上に持ってくることができるんですね。

 

コレはもう、「潜在意識との対話」そのものだと思いました。

 

お題に対し、「なぜそう思うのか?」「なぜ?」「なぜ?」と自分に問い続けることによって、今まで見えなかった心の底にへばりついていた思いや痛み、本当の願望が明らかになってきました。

 

ソレこそが潜在意識、心の声です。

 

潜在意識を書き換えるには、このようにまず「潜在意識でどう思っているか」を明確にすることが必要だと思います。

 

潜在意識を明確にすることによって初めて、それを書き換えることができるワケです。上書き保存できるんですね。

 

掘り下げて掘り下げて「本当の気持ちは、こうだったのか!」というコトが明確になり、「じゃあ、これはいらないから書き換えよう」というアクションを起こせるんです。

 

曖昧でぼんやりとした思いに対しては上書きして更新することができません。だから、紙に書いて掘り下げて本当の気持ちを浮き彫りにする必要があるんです。

 

頭で考えているだけではグルグルと堂々巡りをするだけで具体的にならないので、こうやって紙に書いて目で確認するという作業は潜在意識にアクセスするために本当に大事だと思いました。

 

巷で言われているアファメーションなどのやり方は、この「潜在意識を明らかにする」というプロセスがすっぽりと抜け落ちているように思います。

 

お金に対する意識が変わってきた

この「お金の神様に可愛がられる手帳2019」は、月ごとに大まかなテーマが設定されています。

 

12月のテーマは「お金とお財布」であり、それに沿ったお題がデイリーに出てくるワケですが、毎日お題に対して書いていると自分の中から何度も同じ言葉が登場していることに気づきました。

 

それは「巡らせる」「循環させる」という言葉です。

 

 

12/1の「お金とは?」というお題に対しては、「循環させるモノ」と書きました。

 

お金は貯めるのが目的ではなく、使う前提。お金を使う人のところに、お金が入る。お金を出すときもお金が入るときも感謝。

 

じつは、この手帳を使う以前から藤本さきこさんのブログや書籍を読んでいたので、結構お金のブロックは外れていたのかなと感じています。

 

 

12/18の「お金持ちとは?」というお題に対しては、「価値や豊かさを巡らせる」と書いています。

 

お金を大切にする。お金を無駄にしない。先に与える。挑戦的。革新的。リスクを負う勇気。受け取り上手。自分を知っている。他人を知ろうとする。

 

 

12/20のお題「ケチるとは?」に対して掘り下げた結果、「お金は減るモノ」という思いが根底にあることが明らかになりました。そうだったのか・・・。

 

そこで本当はどうしたい?と問うたところ、「お金、価値を巡らせたい!与える人になりたい」「巡らせるために、どんどん稼ぐ」というように書き換えるコトができました。

 

 

12/22のお題「節約とは?」に対しては、最初は「お金を残すことを優先させたい、少ないお金で多くを得たい」という言葉が出てきました。

 

つまり、「お金を失うことへの恐怖、使うことへの恐怖」が根底にあることがわかりました。

 

そこで本当はどうしたいのかを問うたところ、「お金を巡らせることによって、価値も巡らせたい」という声が出てきました。

 

 

12/26は「収入とは?」というお題でしたが、「価値を巡らせるために、一旦自分の口座に振り込まれるお金」と定義しました。

 

このように何度も「巡らせる」という言葉が自然に出てくるようになったというコトは、ぼくのお金に対する意識が「巡らせるモノ」というように変化してきた証拠です。

 

以前のぼくがお金に対して抱いていたイメージは、

 

    • 失うと不安になる
    • だから使わずに貯めておきたい
    • 口座の残高と豊かさは比例する

 

というような感じでした。「お金を使って世の中に価値を巡らせる」という概念はまったく持ち合わせていませんでした。今思うと、そっちのほうがおかしいぐらいです。

 

日々繰り返しこの手帳を使って潜在意識と対話する中で、徐々にお金に対する考えが書き換わってきているコトを実感しています。

 

お題に対しての掘り下げ方が正しくできているのかちょっとわかりませんし、うまく使えてないかもしれませんが・・・。

   引き寄せ   0

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー

ページの先頭へ